So-net無料ブログ作成
bana5.gif

手術室での撮影 おまけ [制作日記]

先日、7月16日に紹介した手術室での撮影のおまけ画像

子役のさとしくんとドクター

子役の役どころは...タイトルから想像して下さい。(笑)

DVC00002up.jpg

子役、さとし君の公式ブログはこちら

http://ameblo.jp/intellect-star/

応援ヨロシク!!

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



共通テーマ:映画

映画「ゾンビチャイルド」の企画の始まり その1 [制作日記]

今回から映画制作の合間を縫って
映画「ゾンビチャイルド」の企画の始まりを
監督自身の言葉で数回に分けて話したいと思います。

今回は、その1回目。

私は、以前から、こちらの感情、気持ちに関係なく、
一方的、かつ強制的に流される情報の洪水が嫌いだった。

いま、街を歩くと、視覚、聴覚を、刺激するように情報の洪水が、
こちらの気持ちにお構いなしに襲い掛かってくる。
眼をそむければ、そむけた方に別の広告が、そむけた方向から音が、
どこを向いてもついてくる。

都会の騒景

店に入れば、強制的に聴かされる音楽。

電車に乗れば、見たくもない映像が流され、眼をそむけるとそこには別の広告が、
狭い箱の中で、さらに所狭しと強制的に見せられる。

目の前には、ケータイに拘束されている事にすら気がつかない人々

それらは全てメディアに拘束されていることに気がつかない人々のための環境。

この環境になじむことの出来る人は現代日本社会において適応率100%

ただ、私には常にきつい社会。

情報の洪水は、他の人はどうなのかわからないが、
少なくとも、私自身から思考を失わせてしまう。

もし、この情報の洪水の中で一方的な価値判断を慢性的に受け続け、
常に正しいものとして享受し続けるとどうなるのだろう。

昨今の未成年の不可解な凶悪犯罪、および、日本の自殺率の高さは、
上記のような環境に適応することが出来なかったが故に
起きた事件なのではないだろうか?
(もちろん、だからといって犯罪者の責任を否定するつもりはまったく無いが)

この仮定を私自身がおかしくなる前に、いつか映像で描いておきたい。

そう、思った。

 

映画「ゾンビチャイルド」の企画の始まり その2 へつづく

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

共通テーマ:映画

手術室での撮影 [制作日記]

6月中旬、手術室での撮影を行いました。

このときの撮影は、4月24日の撮影の追加カットとして利用するもので

実際の病院の手術室を借り切っての撮影を行いました。

協力していただいたドクターのおかげで臨場感あふれる

とてもよい絵を撮影することができました。

実はこの撮影、

衛生上の問題で、なかなか実際の手術室の撮影の許可を出していただける病院を

見つけることができず、一度は撮影をあきらめたのですが、

粘り強く、協力していただける場所をあちらこちらとかなりしつこく探し続けた結果、

今回のようなすばらしい場所を、提供していただけました。

本当に感謝です。ありがとうございました。

病院シーン.jpg

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

共通テーマ:映画

6月24日(水曜日)の撮影 [制作日記]

6月24日の撮影では、辻岡正人さんに東京から神戸まで来ていただきました。

到着してから休むまもなく、いきなりの撮影開始。

コミカルなキャラが、シリアスな状況におかれるという

きわめて難しい設定の役柄を迫真の演技で演じていただきました。

また、共演のたかおごしきちゃんには、かわいい笑顔をしつつも恐ろしいキャラクターという、

これまた、さらにきわめて難しい役柄に挑戦していただきました。 

090624_1629~01.jpg

 

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。